2013年05月12日

682-3W5Dv2 完成 682-3W5Dv2 完成

既に昨日のお祭りで披露済みの682-3W5Dv2になります。突貫工事で仕上げたので若干磨きが足りずにコーティングでごまかしています。

682-3W5Dv2
Low Driver CI-22955
Mid Driver 33A007
High Driver TWFK

IMG_1873.JPG

IMG_1874.JPG

IMG_1875.JPG

IMG_1876.JPG

ネットワークはローが10Ω/22uFのローパス、ミッドは5Ω/10Ωの固定ATT、ハイは元から付いてたコンデンサーを流用、当初はローパスは30Ω/22uFで250Hzのハイカットでしたが最終的に10Ω/22uFの750Hzのハイカットに変更してあります。また、ミッドは逆相接続です。多分、ローパスを元の30Ω/22uFの250Hzハイカットにした方が、今より中低域は抑えられたのかなと思います。

周波数特性は以下、相変わらず左右でばらつきます・・・大体、自分の音作りの傾向として1kHz〜2kHzでディツプを作ります、後は、高域はなるべくブーストさせないで右肩下がりで抑え目に、だけど高域まで伸ばす方向で調整しています。

0512-01.jpg

682-3W5Dと682-3W5Dv2の比較、赤が682-3W5Dで青が682-3W5Dv2です。
大きな違いは682-3W5Dは1kHzでディップを作って2kHz付近は少しブーストしています。ここら辺のつくりで若干、中低域の鳴り方が変わってきます。

0512-02.jpg
ラベル:Work Logs 自作IEM
【関連する記事】
posted by 682 at 23:02| Comment(0) | CIEM Work Logs 682-3W5Dv2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。