2013年03月25日

カスタムIEM D682-002

カスタムIEMオフ会に向けていろいろと準備中です、間に合えば3つ位持って行きたい。1つはNewドラを使った3driver 2wayのIEM、2つめは3wayの予定、3つめはDDを使ったハイブリッド、このハイブリッドは中のドライバーの実装、音道チューブの実装も少し工夫を考えているのでちょっと時間がかかりそう、間に合うかな?

まず1つめのNewドラを使った2wayのIEMを作業中です。
Lowドライバーに33AJ007i/8、Highドライバーに32A010iを使っています。多分、というか間違いなくどこも使ったことのないドライバーです。前回のGroup Buyのとき、密かに注文してたドライバーです。Group Buy時はなるべく1つは新しいドライバーを購入したいと考えてるので、そのための視聴用にカタログから特性値をみて気になるこの2つを注文してみました。オフ会で音や周波数特性値を見て意見を聞いて次回Group Buyの購入候補にできるか検討したいなと考えています。

33AJ007i/8は33A007と同じシリーズでサイドベントが付いたDualドライバーです、ベントが付いてる分33A007より低域がより強力です。

33AJ007i/8 データーシート

32A010iは仕様書からはかなり高域まででてそうなので、中高域向けにいいかなと思ってます。仕様書上では14k位まで十分な音圧がでています。

32A010i データーシート

この2つのドライバーにとりあえず2cmの音道チューブを付けてシェルに入れて計測した周波数特性がこちら。
33AJ007i/8の2個のドライバーは並列で接続しています。

33AJ007i/8
Low driver.jpg

32A010i
high driver.jpg

この2個をそのまま計測したのがこれ。

2way.jpg

基本的な特性が分ったところで、ここから各種設定を詰めていく予定です。まずは、Lowに白フィルター、Highは2.5k〜3k辺りでローカット、Highの音道チューブは詰めれるだけ詰めて、フィルターで高域を抑えようと思います。

ちなみに、このドライバーを入れるシェルは前に作ったパールホワイトのこれです。

DSC00062.JPG

DSC00063.JPG

ラベル:自作IEM
posted by 682 at 13:15| Comment(0) | Custom IEM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。