2012年08月21日

Custom Shell Part9

前回更新日からかなり立ってしまいましたが、その間にGroup Buyで購入したSonionドライバの到着に複数ドライバを内蔵できるようにと、埋め込み式ソケットを取り付けられるように型を調整したシェルを作成しなおしていました。

IMG_2345.JPG

IMG_2344.JPG

これはGroup buyで手配したSonionドライバ、最終的に17A003を50個、2389を50個、33A007を100個になり、33A007で約1660円、17A003が1040円、2389が1300円位の単価になりました。人さえ集まればKnowlesを買うより全然お買い得な値段で購入できると思います、参加者の皆様、ありがとうございました。

IMG_2348.JPG

これれは取り直したインプレッション、まずは周りの不要部分をカッターで削除します。

IMG_2347.JPG

IMG_2352.JPG

これが不要部分を削った状態、ここからリューターで全体を成形していきます。最大4個のドライバを入れるつもりなの、なるべき大きめに成形していきます。

IMG_2349.JPG

IMG_2353.JPG

この成形はもう慣れしかないので、いろいろなシェルの画像を見ながら、形を参考にして試行錯誤しながらインプレッションを削って慣れるしかありません。成形が完了したら透明シリコンでメス型を作って、そのメス型から今度がオス型を作ります、

IMG_2357.JPG

IMG_2362.JPG

これをベースに最終のオス型を作ります。表面の傷や凸凹を丁寧に処理して、その後にまたメス型を作って、それがシェル作成の型になります。

IMG_2364.JPG

IMG_2367.JPG

IMG_2371.JPG

IMG_2372.JPG

完成したシェル、これはまだ研磨まえなので、この期に耐水ペーパー、コンパウンドの研磨作業と音道の穴、ソケットの穴を空けて完成です。その後に、やっとドライバの取り付け、その後にネットワークの調整、全てが完了してフェイスプレートで蓋をして完成です。

IMG_2374.JPG

これは左が中高域用のドライバを1つのチューブにまとめたもの、右は低域用のドライバです。最初は0.5mのチューブをドライバにつけてそれを束ねて2mmのチューブに入れてグルーボンドで固定してましたが、空気漏れがでて駄目なので、工作員さんを真似て、1つのチューブを広げて2個のドライバに被せる方式にしました。

次は周波数測定をしながらネットワークの調整に入ろうと思います。なるべく早めの更新するよう頑張ります!



ラベル:自作IEM
posted by 682 at 23:19| Comment(3) | Custom IEM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Sonionのドラは驚くほど安かったですねw

今考えてるのが、インプレに369樹脂を塗ってしまえば、オス型を作る作業をスキップできるかなぁ、ということなんですが。
だた切削作業とか考えると、レジンなどでオス型を作り直した方がいいのかもしれないですね。
Posted by 組立工作員 at 2012年08月26日 15:58
肝心要のインプレ・・・
原型の保存用として型取りはしますがw

インプレって耳ダムで採ったのが耳型100%だとするとー
シリコン粘土系のツメツメだと耳型120%すっかねw

インプレのシワシワ感が違いますーw

ま、、耳穴は伸びて広がるって事ですがー

長時間付けてても違和感無いシェル作りは難しいですねw
Posted by tdgmtiou at 2012年08月27日 21:26
そうですね、シェル作りは難しいw
ただ、これは経験に基づくものだと思うので、無駄にいろいろ作っても、最終的にいいものができるんじゃないかなと
勝手に思ってますw
Posted by 682 at 2012年09月01日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。