2012年05月27日

Custom Shell Part7

久しぶりの更新、更新してなかった間は、ひたすらインプレッションをとって、そのインプレッションで成形の繰り返しをしていました。何度もこなしてるうちにようやく成形のコツを掴んで満足できるオス型が作れるようになりました。

20120520231025.jpg

リューターを使って荒めのサンダーで全体の形を作り、その後に目の細かいビットで段差を全て削っていきます。

20120520231008.jpg

今までインプレッションの成形後にそのインプレッションの蝋を塗って、その後のシェル作成用のメス型を作っていましたが、今回は、一旦このインプレッションでメス型を作成し、中身が詰まったシェルを作成し、そのシェルにレジンを塗布して全体の成形とカナル部分の肉盛りなどをおこなって、本番用のオス型としました。

IMG_2293.JPG

作成したメス型から作ったシェルがこれ。

IMG_2321.JPG

また研磨まえですので透明度はありませんが、この後にペーパー、バフ、コンパウンドで完全なクリアになります。

IMG_2310.JPG

IMG_2323.JPG

シェルもほぼ気泡なしの完全なクリアで、かなり満足な出来栄えになりました。これは、赤色バージョン。

IMG_2319.JPG

IMG_2320.JPG

そして今はフェイスプレートの型を作成中ですので、型ができたらフェイルプレートを作成しようと思います。あと、コネクター部分を埋め込み式にしたかったので、コネクターのオス型を作って、それからシリコンでメス型を作って、埋め込み式のコネクターを作成してみました。オス型が余ったインプレッションの印象剤で作成しましたが、柔らかすぎてうまく成形できず、次回は、樹脂粘土とか使ってみようと思います。

20120520231051.jpg

で、できたコネクターがこれ。

20120520230758.jpg

さあ、これでやっとシェルの中身のドライバー取り付けに進められます・・・・
ちなみに、以下は失敗作の画像です。

20120513233911.jpg

フェイスプレート〜

20120506211818.jpg

20120512183104.jpg



posted by 682 at 20:21| Comment(0) | Custom IEM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。