2013年07月16日

682-44SP 突貫工事

前回の作業から大分、間が空いてしまいましたが、なんとかポタ研に44Aを間に合わせたく日曜日から突貫工事開始です。前回の調整で低域TECと中高域44A004のネットワークは出来上がっていたので、これにWBFKを経験と感でエイヤっとハイパスを作成(笑
さくっと2個分のネットワークを作成してシェルに詰めてフェイスプレートを作成。本当はフェイスプレートを取り付けて全体の成形まで行いたかったのですが、夜も遅く騒音迷惑になるので断念。翌日の月曜日、ポタ研当日の朝にリューターでガリガリ、ペーパーカリカリ、コンパウンドでテカテカ、最後にコーティングして、作業完成したのが11時頃・・・・・

682-44SP
Low Driver TEC-30033
Mid/Hi Driver 44A004
Super High Driver WBFK-30095

シェルの色はスモークです。

DSC00165.JPG

DSC00168.JPG

DSC00167.JPG

フェイスプレートはダークレッドです。

DSC00166.JPG

音は時間をかけなかっただけあって、皆さんに非常に厳しい感想を頂きました(笑
WBFK を追加したせいで高域のバランスが崩れて非常に刺さりが厳しい音になってしまいました。これは多分、大体4k〜6k辺りが尖がってる感じですね。当初のコンセプトとして、前2作が低域寄りの高域おとなしめの自分好みのチューニングで作ったので、今作は低域は必要十分程度で中域から高域を強調したIEMにしようと考えていました。修正ポイントとしては、低域をもう少し増やして、高域を落とす、中域はかなりクリアな感じを意識して作ったので今のままでもいいけど、もう少し音場が欲しいかも、ただ音場を広げ過ぎるとクリア感が無くなるので、そこをうまくバランスよく調整できるかが・・・

ちなみに44Aは前にも書きましたが音質自体はかなり細く、どちらかというと繊細でクリアな感じです。悪く言うと音に厚みがない、薄っぺらい音。なので、このままだとボーカル帯域もクリアなんだけど厚みの無い音になってしまうので、TECを250Hzでハイカットして1K位までなだらかに右肩下がりになるようにして、600Hz〜1Kのボーカル帯域で44Aとうまく重なるように調整しています。音圧も44A>TECになるようにして、44Aの存在を残しつつ44Aに若干TECで厚みを加えるようにしています。

視聴していただいて皆さんにはリベンジの約束をしましたので、再調整してまた視聴をお願いしようと思います。
ラベル:Work Logs 自作IEM
posted by 682 at 09:14| Comment(0) | CIEM Work Logs 682-44SP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

ポタ研 2013年夏 Part1

ポータブルオーディオ研究会2013夏に行ってきました。本日のポタ研のお目当ては、日本の自作IEM界を牽引してきたといっても過言ではない組立てさんが興した組立てLabの新製品発表会です。
丁度1年半前、何も情報がない中、2ch 自作IEMスレで思考錯誤しながら物好きな人達が始めた自作IEM、まさかその中から会社を興す人がでてこようとは夢にも思っていませんでした。あの当時から比べると、自作してる人達のスキルが上がってるのもありますが、シェル、音質、どれをとっても市販メーカーと遜色ないハイレベルなIEMを作る人もいます。まだまだ自作IEMは敷居が高いですが、多くの人に興味を持って自作の世界に入ってきてもらえるように布教活動に励みたいと思います。

組立てLabブースです、8/1の事業開始に発売される新製品の視聴機がありました。製品は全部で4つ、3ドラ版が3個、4ドラが1個になるそうです。3ドラ版の2個は視聴しやすいようにユニバーサルで用意されてました。あとは、シェルのカラーサンプルなどももあったりして、着実に事業開始への準備が整ってきている感じを受けました。

IMG_1918.JPG

その他として、リモールド版のサンプルのKlipsch X10と、IEMチューニングサービスのサンプルとしてSE530のチューニング版が置いてありました。このSE530は低域に2015を追加、中高域に2323が追加されています。また、奥に見えるお菓子、STAXですが、これは関西でしか手に入らない貴重なお菓子らしく、関東人が手にするのは非常に難しかったのですが、このたび、組立てLabではこのSTAXの販売も始めるらしいです。わーい(嬉しい顔)

IMG_1917.JPG

そしてこちらは、組立てlabの初出展にあわせて企画されたコンペIEM、低域にCIx2、高域にED-29689を使ってあとは自由にネットワークを作って同じドライバでどれだけ音質が変わるのかを楽しんでもらう企画です。私も当初は参加予定でしたが、仕事が忙しく作業がなかなか進まず断念。また次回があれば是非参加したいと思います。奥に見えるお方がIEM自作界のアイドル、ラスカル君であり、組立てLabの新入社員でもある、うまし君です、顔を撮ろうとしたらNGくらったので股間を撮っておきました(笑

IMG_1920.JPG

こちらは製品予定の3ドラIEMで、コンセプトはリスニング向けにチューニングされた製品とのこと。これの前身を春のヘッドフォン祭のときに聴かせてもらいましたが、当時の製品は低域が出すぎて低域過多の状態でしたが、チューニングが進んで非常にバランスのいい製品に仕上がっていました。バランスとしては必要十分な低域に中域から高域にかけてはフラットな感じに仕上がっています。高域が多目が好きな人には少し物足りないかも。自分は高域のささりがあまり好きではなく、8Kから右肩下がりで高域をのばしていくような感じが好きなので、こういうセッティングは好みです。

IMG_1902.JPG

しかし、このユニバーサルのケースいいわ、ガワが欲しいかも(笑

IMG_1901.JPG

こちらは、最初の製品をより低域寄りにして中高域をクリアにした感じの音質です。最初とこちらは極端な音の傾向の違いは無いのでもう好みになると思います。私は最初のKL-001がより好みに近い音でした。

IMG_1916.JPG

IMG_1915.JPG

こちらは、うまし氏作の4ドラ3ウェイの組立てLabのフラッグシップになる製品なのかな?全体的な音のバランスは3ウェイですが非常にバランスがいいです、ただ、高域をもう少しなんとかしてください!(笑
これでもう少し高域を絞って調整すれば非常にフラットでバランスのいい3ウェイになるんじゃないでしょうか。ちなみに使ってるドライバが私の自作とかぶっています(笑、まあ製品版は中域が変わるそうなので、製品版が出来上がったら是非聞かせてください!

IMG_1913.JPG

なんかみた事ある風景、多分、気のせいだ、気にするな、・・・・・

IMG_1914.JPG

パート2に続く
posted by 682 at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。