2013年04月17日

ローパスフィルタの効果

今日はローパスフィルタの効果について懸賞してみる。というのも、先日のオフ会の時に組立てさんにローパスフィルタを付けても殆ど無しと変わらないんだけど、という話がでました。現状、殆どの人が低域には抵抗直列、おしくは固定ATTで音圧の調整をしてる位でローパスを入れてる人はいないのではないかと思います。先日の検証では抵抗を直列に入れた場合は低域は減衰するけど中域以降は減衰しないことが分りました、固定ATTを入れた場合は全域にわたって減衰することも分りました。
なので、単純に低域が強すぎて抑えたい場合は抵抗を直列、音圧が高すぎるので中高域の音圧と揃えたい場合は固定ATTを使うのが良さそうです。ローパスフィルタは低域はそのままで中域以降を減衰させることで、中高域の
ドライバと被らないようにする場合に使います。

今回の実験では1000Hzでクロスするローパスを組むために75Ωと2.2uFを使いました。本当は、抵抗の値をもっと低くしたほうがいいのですが、手持ちがなかったためこの構成で実験しました。CRローパスフィルタは6dB/octです、これはクロスポイントで3dB、1オクターブ毎に6dBの減衰を行うネットワークになり、比較的
なだらかな減衰曲線を描くフィルタで、他には12dB/octなどもありますが、CRで12dB/octのネットワークを作る場合は2次フィルタが必要になり素子が増えるのであまりIEM向きではないと思います。

1000Hzのローパスを入れて測定した結果が以下の特性値になります。赤がフィルタ無しの値、青がローパスを入れた値です。約4.4dB減衰してるのが分ると思います。クロスポイントでは3dBの減衰ですから、誤差はありますが一応6dB/octのフィルタ通りの減衰になってると思います。

0416-10.jpg

次に1オクターブ先の2kHzの減衰量を見てみます、6dB/octはオクターブ毎に6dBの減衰です、計測値から約5.43dBの減衰してるのが分ります。誤差を考慮して大体フィルタ通りの減衰になってるのが分ります。こんな感じでローパスはオクターブ毎に減衰していきます、これが12dB/octのネットワークの場合はオクターブ毎に12dB減衰するので減衰開始から急激な曲線を描いて減衰していきます。

0416-11.jpg

ちなみに低域が減衰してるのは、今回使った抵抗が75Ωと高く、その抵抗のせいで減衰してるためです。なので、本来は値の低い抵抗を使わないと低域まで犠牲にしてしまうローパスになってしまいます。逆にローパスとして高域を減衰させたいけど、音圧調整で低域も少し減衰させたい場合などは抵抗の値を調整することでうまくいけそうです。
ラベル:自作IEM
posted by 682 at 09:09| Comment(0) | CIEM Tips ネットワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。