2012年04月22日

Custom Shell Part3

UVレジンを使った感想は中空を保ったまま硬化させるのは難しく、そもそもシェルの材料には向いていないと思います。で、本命の光硬化剤を使ってシェル作成にチャレンジです。まず、この光硬化剤の最大の問題点は硬化剤そのものが黄色のためクリアのシェル作成は無理、あと欲しい色は黄色に混ぜ合わせて作るみたいな感覚で色調整が必要です。例えば、この硬化剤に赤を入れると、黄色と赤でオレンジぽい色になります。赤が欲しければ紫を混ぜる必要があります。絵の具で色を作る要領と同じです。

手持ちの顔料は黒と赤と水色なので、黒を少し入れてスモークぽい色と、赤を入れてオレンジの2つを試しに作成してみました。メス型に硬化剤を入れて約2分ほどUVライトに照射します。その後に中身を捨てるー。

20120422152217.jpg

余った硬化剤が中で固まらないように裏返しにしてまたUVライトを照射します。完全硬化させるのに約5分ほどかかります。硬化後に方から外したのがこれ。

20120422165552.jpg

表側、成形して蝋でコーティングしたけど、成形不足かな、出来上がりの形がいまいち納得できません。

20120422165831.jpg

本当は赤が欲しかったけどオレンジになったシェル・・・・

20120422165520.jpg

最初に作ったのは気泡が多くて気に入らなかったので、簡易脱法でメス型に硬化剤を入れた後に気泡抜きしてみたら、気泡が殆ど無くなってかなりマシになりました。

20120422165449.jpg

シェル作成の目処が付いたので、あとはインプレッションを綺麗に成形してメス型取り直してシェルを作り直すのと、顔料をいくつか買って色の調整を試してみて、一番いい色で本番用のシェルを作ってみようと思う。

あと、ドライバは決まったのでMouserに注文だして、ケーブル接続用のモールド部分をどうするか考える必要があります。
ラベル:Earphone IEM 自作IEM
posted by 682 at 17:54| Comment(0) | Custom IEM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。